初心者向け カメラ(デジカメ)上手に撮影テクニック
カメラの撮影テクニックを解説するサイトです。一眼レフを使う場合はもちろん、コンパクトカメラ(コンデジ)で撮影する時にも撮影技術に気をつけることで、写真画像の見栄えがグッと良くなります。

構図

構図とは、写真に占める地面と空の割合や、対象をどこに配置するかを決定することです。
camera002.jpg
最近のデジタルカメラには、上図のように、撮影時に画面に線を表示してくれる機能がついています。
景色を写す場合には、横の線を目安にして、地面と空の割合を1:2、あるいは逆の2:1で撮ると、見た目のバランスが良い写真になると言われています。
物を写す場合にも、単純に真ん中に配置しないで、線と線が交わった4箇所のポイントのいずれかに置いて撮影すると、良い写真になると言われています。

意図的に、ちょっと変わった構図で写真を撮りたい、という場合以外には、上のルールに従って撮影するのが良いでしょう。